専門家「巨大地震誘発の可能性は低いが、いつ起きても不思議じゃないから影響ないとは言えない」 : 2ろぐちゃんねる
Amazon 人気アイテムランキングTOP10 カテゴリ別にベストセラーアイテムをご紹介。

ヘッドライン


1: ファイヤーバードスプラッシュ(京都府)@\(^o^)/ 2014/05/06(火) 00:56:33.71 ID:weyO0QnE0●.net

地震:早朝の震度5弱「M7級以上の誘発可能性低いが…」
no title

地震調査委員会が示したM7級の発生確率
5日に伊豆大島近海を震源として発生したM6.0の地震は、政府が警戒するM7~8級の首都直下地震とは震源の深さや規模が異なり、最大震度5弱にとどまった。
だが、東京大地震研究所の古村孝志教授は
「今回の地震がM7級以上を誘発する可能性は低いだろうが、いつ起きても不思議ではないと予想されている中で、何も影響が無いとも言えない」と話す。

さらに「蓄積されてきた地震を起こすエネルギーが減ったわけでもない」といい、引き続き巨大地震への警戒は欠かせない。

首都圏の地下は、プレート(岩板)3枚が重なる複雑な構造になっている。

政府が大規模な被害を想定している地震は、このうち浅い場所にあるフィリピン海プレート内部や、
陸のプレートとの境界面などで蓄積されたエネルギーが解放されることで発生するとされている。
いずれも震源の深さは0~50キロ程度だ。

M7とM6のエネルギーの大きさには32倍の差があるうえ、今回の地震は、最下部に沈み込む太平洋プレートの内部が壊れたことで発生した。
震源は162キロと深く、それだけ地表に届くエネルギーが弱まった。
続きはWEBで
http://mainichi.jp/select/news/20140506k0000m040047000c.html
2014年05月05日 22時01分




おすすめリンク

おーぷん2ちゃんねるヘッドライン

相互RSS & おすすめサイトの新着記事

コメント一覧

    • 2.名無しさん@2ろぐちゃんねる
    • 2014/05/06 ID:NGEzY2Qy 
    • ▼このコメントにレス
    • 予測できないものを予測しろって言われても
移転しました。
この記事へのコメントは下記へどうぞ。
2ろぐちゃんねる(ライブドアブログ)


他サイトの新着記事

AD

今週の人気記事

新着記事

カテゴリー別アーカイブ

月別アーカイブ

オススメ

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ 空中曲芸
ブログパーツ アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ

コメント 3

Powered by niconico Designed By 2ろぐちゃんねる