片山ゆうすけ「真犯人が見てるのなら何か言って欲しい」 : 2ろぐちゃんねる
Amazon 人気アイテムランキングTOP10 カテゴリ別にベストセラーアイテムをご紹介。

ヘッドライン


1: ミッドナイトエクスプレス(秋田県)@\(^o^)/ 2014/04/28(月) 15:04:54.87 ID:zZZmgHjY0.net

私は昨年2月に突然逮捕されました。

合計4度の逮捕、そして1年1ヶ月にわたる長期勾留。そして保釈されてからも続く公判。現在に至るまで嵐のような日々が続いています。
逮捕された当時からの状況は、第1回公判の冒頭陳述で述べたとおりです。警察によるマスコミへのリーク、見切り発車での逮捕。ウソだらけの大本営発表という大きい問題に直面しました。

私は逮捕される前から、警察と複数のマスコミに尾行され、プライバシー行動を盗撮されました。そして逮捕後、「私の持っていたスマートフォンが事件に使われた事件に使われた
写真が復元された」、「FBIから決定的な証拠がもたらされた」というような嘘の警察発表により、報道は、私を100%犯人扱いし、プライバシー行動の映像を使いながら、面白おかしく報道されました。

家宅捜索を受けたところまでは仕方がなかったと思います。真犯人に私が犯人であるかのような工作をされた以上、捜査線に上がるのは規定事項だったと思います。

問題は、警察が、家宅捜索令状とともに、多数のマスコミを引き連れて逮捕状を持って来たことです。これにより、警察は引き返すことはできなくなってしまった。私を逮捕することを大々的に
報道させてしまった。そうした手前、引くに引けなくなり、嘘の発表とへりくつを重ね、私を1年以上拘束し続けたということです。

無理矢理逮捕したこと。そこが、警察にとってもポイント・オブ・ノーリターンだったと思います。

いきなり逮捕ではなく、任意の事情聴取で私の話を聞くべきでした。もちろんマスコミに漏れないように情報統制を徹底した上で。丁寧に調べてもらえれば、DNAの不一致やアリバイなどの
不一致で、私は逮捕されなかったと思います。
取り調べが可視化されないことの弊害にも直面しました。可視化を要求すると、警察官も検察官も取り調べをすることを拒否するようになりました。私の話を聞くことをボイコットするようにもなった。
私に対して取り調べが行われたのは、逮捕されて最初の一週間だけです。

1年1ヶ月間拘留されている間、接見禁止されていたことも苦痛していました。面会も手紙のやりとりもできませんでした。

http://www.sakurafinancialnews.com/news/9999/20140428_3




おすすめリンク

おーぷん2ちゃんねるヘッドライン

相互RSS & おすすめサイトの新着記事

コメント一覧

    • 1.名無しさん@2ろぐちゃんねる
    • 2014/04/28 ID:MGE3OGQ1 
    • ▼このコメントにレス
    • 真犯人がもう連絡寄越さないって言った後の逮捕だからな…
      というか、真犯人のメールアカウントも記者の玩具にされてどうにもならねーな
    • 2.名無しさん@2ろぐちゃんねる
    • 2014/04/29 ID:ZDMyNzM2 
    • ▼このコメントにレス
    • リーガルハイ2期みたいだな。世間はこいつが捕まるのを望んでるけど状況証拠しかない
移転しました。
この記事へのコメントは下記へどうぞ。
2ろぐちゃんねる(ライブドアブログ)


他サイトの新着記事

AD

今週の人気記事

新着記事

カテゴリー別アーカイブ

月別アーカイブ

オススメ

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ 空中曲芸
ブログパーツ アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ

コメント 2

Powered by niconico Designed By 2ろぐちゃんねる